モグワン,グルコサミン

モグワンのグルコサミンとコンドロイチン最新の配合量を公開!

モグワン グルコサミン

モグワングルコサミンコンドロイチンが知りたい!

愛犬の関節が心配な飼い主さんは気になる点ですよね。

そこでモグワン公式サイトでは公開されないグルコサミンとコンドロイチンのデータを最新版として公開!

管理人
グルコサミン、コンドロイチンの値は非公開でしたが、調査した最新情報をお届けします。

モグワンとグルコサミン


グルコサミンの効果について動画で解説

モグワンのグルコサミンとコンドロイチン

モグワン グルコサミンの関節

モグワンのグルコサミンとコンドロイチンの配合量

モグワンのグルコサミンとコンドロイチンの配合量は!

・グルコサミン:180mg/1kg

・コンドロイチン:125mg/1kg

(2023年の最新版)

モグワン 1kg中の含有量
グルコサミン 180mg
コンドロイチン 125mg
MSM
(メチルサルフォニルメタン)
180mg

MSM(メチルサルフォニルメタン)の配合量

MSM:180mg/1kg

(2023年の最新版)

管理人
MSMもグルコサミンやコンドロイチンと同様に関節にある軟骨や筋肉に含まれ、炎症や鎮静作用がある成分と知られています。

モグワンの関節成分の注目点

モグワン

グルコサミン

グルコサミンは人間や動物の皮膚や軟骨に含まれる成分で、関節の動きを滑らかにして、関節の痛みを改善すると言われています。

コンドロイチン

コンドロイチンは軟骨成分で保水力があり、軟骨を守る成分として注目されています。

グルコサミンやコンドロイチンは年齢を重ねると減少して行くので、補給する必要があります。

しかし、即効性はありませんので、欠かさず毎日摂取する必要があるので、モグワンのようにドッグフードに含まれていると手軽に継続的に摂取できます。

モグワンの関節をいたわる効果

犬は本来10年ほどの寿命の生き物ですが、高い栄養・快適な環境・最新の医療で、12~15年と長く生きられるようになってきました。

そのため、老犬(シニア)になると、どうしても身体に無理が生じ、いたわってあげる必要があります。

その1つが肥満に気を付けることで無理な力が関節に掛かるのを防ぎます。

モグワンのチキンは低糖質な食材

モグワンの主原料である鶏肉はタンパク質が多く含まれるのに、糖質は下表の中で比べると一番低いのです。
そのため太り難い食材と言えます。

肉種類 糖質量
100g当たり
タンパク質
含有量
鶏肉 0.1~0.3g 23g
(ささみ)
牛肉 0.2~1.9g 21.2g
(牛モモ肉)
豚肉 0.1~1.3g 19.3g
(豚ロース)

この高タンパクは筋肉を作る働きがあり、代謝を上げることで関節の負荷も軽減できます。

モグワンのサーモンは低糖質でDHA・EPAを含有

モグワンに含まれるサーモンの糖質は100g当たり0.1gと下表内の魚の中で最も低く、こちらも肥満対策にもってこいの食材と言えます。

肉種類 糖質
100g当たり
サーモン 0.1g
さば 0.3g
いわし 0.2g

サーモンに含まれるアスタキサンチンは内臓脂肪や皮下脂肪の低減をサポートすると言われています。

さらにサーモンに含まれるDHA・EPAは、血中のコレステロール値を下げる働きを補助する効果が望めます。

そのことでモグワンは太り難い食材を中心としたドッグフードであると言えま。

モグワンはグレインフリー

モグワンは炭水化物を多く含む穀物を一切使用していません。

この炭水化物の過剰摂取は肥満に繋がる原因と言われています。

そのためモグワンは太りやすい食物を排除した、理想的な体型を維持しやすいドッグフードと言えるでしょう。

モグワンのグルコサミン・コンドロイチンのまとめ

モグワンとグルコサミンまとめ

如何でしたでしょうか。
モグワンはグルコサミン・コンドロイチンを含み、低カロリー・低脂質という関節に負担の掛かる肥満につながり難いドッグフードです。

もし、愛犬の関節気になるなら、モグワンを検討してみると良いと思います。

ただし、いくらモグワンを与えても、段差を飛び越えたり、老犬に全力疾走などどさせて足腰に負担を掛けないよう注意が必要です。

モグワンで健康的な愛犬の長生きにつながるよう努めてください。

モグワンに配合されるグルコサミンとコンドロイチンは、関節の健康をサポートし、特に関節炎や関節痛の症状の軽減に関連して注目されている栄養補助食品です。
これらの成分について詳しく説明し、それぞれの犬への効果について詳細に説明します。モグワンのグルコサミン:
グルコサミンは、軟骨の主要な構成要素であるグリコサミノグリカンの一部として存在するアミノ糖です。犬の関節の中で軟骨を生成し、修復する過程において重要な役割を果たします。グルコサミンの主な効果には以下の点があります:軟骨の保護と修復:グルコサミンは、軟骨組織の生成と修復をサポートし、関節の摩耗を遅らせる役割があります。これは、特に変形性関節症(骨の摩耗による関節炎)の犬にとって重要です。関節の柔軟性:グルコサミンは関節の柔軟性を向上させ、犬の運動や活動に対する関節のストレスを軽減することが期待されます。炎症の軽減:一部の研究によれば、グルコサミンは炎症を軽減する可能性があり、関節痛の症状を緩和できるとされています。モグワンのコンドロイチン:
コンドロイチンは、軟骨組織に存在し、軟骨の弾力性とクッション性を提供します。コンドロイチンの主な効果には以下の点があります:軟骨保護:コンドロイチンは軟骨組織を保護し、摩耗や損傷から守る役割があります。これにより、関節の磨耗が減少し、骨と骨の接触が和らぎます。

潤滑作用:コンドロイチンは関節内の滑液を構成し、関節の滑らかな運動をサポートします。これは、関節の運動性と柔軟性に寄与します。

炎症の軽減:コンドロイチンは炎症を緩和する可能性があり、関節痛の症状を軽減するといわれています。

これらの成分は、関節痛や関節炎に悩む多くの犬に利益をもたらすとされていますが、効果についてはまだ科学的な合意が得られていない部分もあります。

一部の研究では、グルコサミンとコンドロイチンの摂取が関節痛の軽減に寄与する可能性があると示唆していますが、他の研究では効果が限定的であると報告されています。

さらに、個人差が大きく、効果の実感や程度は犬の体質や病状に依存することがあります。

したがって、これらのサプリメントを利用する際には、医師や専門家の助言を受けることが重要です。

モグワンのグルコサミンとコンドロイチンは、犬の関節の健康をサポートするための有望な成分として広く認識されていますが、その効果は犬によって異なる可能性があり、科学的な証拠もまだ限られています。

したがって、これらを利用する前に獣医師と相談し、適切な用法・用量を確認することが重要です。また、健康的な生活習慣や適切な運動も、関節の健康を維持するために不可欠です。

犬の関節にモグワンのグルコサミンは一般的に効果があるとされています。特に高齢の犬や大型犬種、運動量の多い犬にとって、関節の健康が問題となることが多いため、グルコサミンは犬の関節疾患や痛みの軽減に役立つ可能性があります。以下は、犬におけるグルコサミンの効果について詳しく説明します:

軟骨保護と修復: モグワンのグルコサミンは、犬の関節軟骨においても重要な成分であり、軟骨組織の生成と修復をサポートします。老化や関節の摩耗による変形性関節症は、犬においても一般的です。グルコサミンは、このような疾患による軟骨の減少や損傷を遅らせ、犬の関節を保護します。

関節の柔軟性: グルコサミンは、犬の関節の柔軟性を向上させ、日常の運動や活動に対する関節のストレスを軽減します。これにより、犬が元気に運動し、活動的な生活を送るのに役立ちます。

炎症の軽減: 関節の炎症は、犬の関節痛の主要な原因の一つです。グルコサミンは炎症を軽減し、関節痛を和らげる可能性があります。

モグワンに含まれるグルコサミンは犬の関節の健康をサポートし、特に高齢犬や関節の問題を抱える犬にとって有益であるとされています。

トップへ戻る