モグワンVSカナガン比較、なぜ成犬にはモグワンがベストなのか!

モグワン カナガン

安心して使用できるプレミアムドッグフードを探していると、必ずモグワンドッグフードと一緒に見つかるのがカナガンドッグフードではないでしょうか。

カナガンはモグワンと同等に人気があり、モグワンより古くから発売されているベストセラーのドッグフードです。

プレミアムドッグフードでモグワンとカナガンを比較して、どちらにするか迷っている方が意外と多いようです。

管理人
そこで今回は、モグワンとカナガンの違いやどのようなワンちゃんには、どちらのフードが合っているかを詳細に比較して調査したいと思います。

モグワンのサイトには「カナガンスタッフが、理想の食いつきを求めて開発した!」とありますので、カナガンのバージョンアップ版がモグワンなのかもしれません。

リン
詳しく見て行こうね!

モグワンとカナガンを比較!実は同じ販売会社と同じ工場

カナガンと比較

株式会社レティシアンモグワンとカナガンは同じペット先進国のイギリス産。
その双方を輸入しているのが、日本企業の総輸入元である「株式会社レティシアン」というペットフードを専門に扱う東京の企業です。

総輸入元企業名 株式会社レティシアン
代表者名 四方 祥樹
場所 東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン20F
問合せ先 0570-200-012
設立 2007年1月24日
資本金 1,000,000円
事業内容  通信販売業

モグワン・カナガン工場

モグワンとカナガンは同じイギリスの工場で製造されています。

その施設は欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしています。

この工場は一度に大量生産をせず、少量ずつをこまめに生産することで、新鮮なフードを生産するという特徴的な施設です。

カナガンとモグワンは共にこの工場に製造を委託され、徹底的な品質管理のもとにモグワンとカナガンが作られているのです。

しかし、製品自体の開発は全く異なります。

モグワンとカナガンの開発経緯

カナガンはこうして生まれた

カナガンはこうして生まれた

カナガンはイギリスのドッグフードメーカーに勤めていたエディー氏が「本当に高品質なドッグフードを作りたい」と独立して、長年の調査・研究を経て誕生したフードです。
エディー氏は世界中を回り、あらゆるドッグフードを研究して「グレインフリー(穀物不使用)」がベストであると行きつきました。
今では世界中に輸出されイギリスを代表するペットフードとして信頼されています。

カナガンの詳細はこちら

モグワンはこうして生まれた

モグワンの誕生
モグワンはカナガンを輸入する日本企業の株式会社レティシアンが、せっかく体に良いプレムアムフード「カナガン」なのに「食いつきが良くなく食べない」といったワンちゃんのために、カナガンのスタッフと日本総輸入元のレティシアンが共同で開発したフードです。


モグワンドッグフードの主な開発ポイント

  • 食いつきの良さを追求
  • 日本で飼育されている犬に最適な栄養バランス

モグワンの詳細はこちら

管理人
モグワンはカナガンに馴染めない日本のワンちゃんのためにカナガンの良さを生かして改良されたフードなのです。
リン
だから美味しい匂いがするし、食べやすいんだね。

モグワンVSカナガン比較~原材料の違い~

ブランド 原材料
モグワン チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン、乳酸菌
カナガン 骨抜きチキン生肉26%乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

モグワンはカナガンをベースに改良されているだけあって、共通する部分も多いですね。
そのため特徴的な違いを上げて行きます。

モグワンの特徴的な原材料

モグワンの原材料◆サーモン(動物性たんぱく質)
アスタキサンチンの抗酸化作用(がん予防、疲労回復、皮膚や毛の状態の改善)
DHA・EPAによる血液の健康維持、高脂血症・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞を予防、脳の発達

◆レンズ豆(鉄分補給)
◆ひよこ豆(亜鉛、たんぱく質補給)
◆ビール酵母(ビタミンミネラル補給、食いつき効果)
◆ココナッツオイル(脂肪燃焼効果)
◆バナナ(整腸作用)
◆カボチャ(健康維持、高血圧抑制、整腸作用、毛艶を良くする)

カナガンの特徴的な原材料

◆チキンの割合が非常に多く(51%)高たんぱく・低炭水化物
◆グルコサミンやコンドロイチンが多く含まれ関節に優しい
下表を参照
(公式サイトに数値が無いので、販売元へ確認済)

モグワン カナガン
グルコサミン 178mg/kg 1000mg/kg
コンドロイチン 125mg/kg 700mg/kg
炭水化物 41.0% 32.5%

モグワンVSカナガン比較~成分の違い~

ブランド モグワン カナガン
粗タンパク質 28% 33%
粗脂質 12% 17%
粗繊維 6% 3.5%
灰分 8% 9%
水分 9% 8.5%
オメガ6
脂肪酸
1.63% 2.8%
オメガ3
脂肪酸
1.29% 0.9%
エネルギー 344kcal 361kcal
リン 1.27% 1.42%
マグネシウム 0.17% 0.1%
ナトリウム 0.29% 0.24%
カリウム 1.05% 0.58%
カルシウム 1.65% 1.8%

モグワンは低カロリーでヘルシー

モグワンはタンパク質、脂質、カロリーについて、グレインフリーのフード(肉類が多いと高タンパクになりがち)としては比較的低めとなっており、成犬で特別運動量の多くないワンちゃんにはちょうど良いバランスとなっています。

逆に、カナガンは高たんぱく、高脂質のため成長期の子犬や、野山を駆け回る牧羊犬などに最適です。運動量が多ければ、間違いなくカナガンがお勧めです。

カナガンは室内犬で長時間のお散歩をしないワンちゃんの場合、肥満に繋がってしまう可能性もあります。

モグワンは繊維質が多く、胃腸の調子を整えます

モグワン うんちモグワンは粗繊維が6%とグレインフリー(穀物不使用)のフードにしてはかなり多く含んでいます。

そのためお腹を壊しやすい、便秘しやすいなど消化系が弱いワンちゃんにピッタリ。他社のグレインフリーで下痢をしてしまったなどの経験があれば、モグワンを試してみることをお勧めします。

モグワンとカナガンをお勧めするワンちゃん

モグワンのパッケージモグワンをお勧めするワンちゃん

  • 食いつきが悪く悩んでいる
  • 体重管理をしっかりしたい(肥満予防)
  • 室内犬で極端に運動量が多くない
  • 成犬~シニア犬である
  • 野菜や果物を取り入れ病気の予防をしたい

モグワンの購入

カナガンをお勧めするワンちゃんカナガン

  • 多くの栄養を必要としている子犬(幼年期)
  • 妊娠・授乳期である
  • 運動量・活動量が多い
  • 食が細く、少量でもたっぷり栄養を摂りたい

モグワン・カナガン両方に共通しているお勧め内容

  • アランズナチュラルドッグフード胃腸の調子を整えたい
  • 穀物や牛豚などのアレルギーがある
  • 涙やけを改善したい
  • 毛艶を良くしたい
  • 健康を維持し長生きさせたい
  • 無添加でヒューマングレードのフードを探している

まとめ

モグワンはカナガンをベースに、多くの日本のワンちゃんに合わせて改良されたドッグフードなので、子犬や活動量が多い場合を除いて、モグワンを選択しておくのが宜しいかと思います。

ただし、愛犬との相性もありますので、一度、お試しで1袋を試してみることをお勧めします。

モグワンの購入

リン
わたしはモグワンが気に入ったけど、あなたの愛犬はどっちが好きになるか、試してみてね♪

⇒ 合わせて読みたい➡カナガンについて詳しいサイト

トップへ戻る
error: Content is protected !!