モグワン,フレンチブルドッグ,口コミ

モグワン【フレンチブルドッグ】口コミで相性は!量は?市販と違いは?

モグワン フレンチブルドッグ

うちのフレブル(フレンチブルドッグ)にモグワンを与えて問題ないですか?
体質や性質との相性はどう?良いなら与える量は?質問を頂きました。
暑さ寒さに弱く、病気のリスクもあるフレンチブルドッグにモグワンドッグフードは合うのでしょうか。
市販品の専用フードと比べてどうなのか?
管理人
今回はモグワンとフレンチブルドッグの相性を詳しく確認しましょう。
リン
おっとり愛らしいフレブルとモグワンはおすすめなのか!早速チェック!

モグワンのフレンチブルドッグの口コミ

モグワン フレンチブルドッグ 口コミ

モグワンの口コミをSNSで確認

モグワンをフレンチブルドッグに与えた口コミをSNSからリサーチしました。

フレンチブルドッグのブリーダーもモグワンを一押し!


口コミ引用元:YouTube

フレンチブルドッグにモグワンをお試し


口コミ引用元:YouTube

フレンチブルドッグがモグワンを試食


口コミ引用元:YouTube

フレンチブルドッグの愛犬は子犬からモグワン!


フレンチブルドッグ(1歳4ヶ月)の愛犬は子犬の頃からずっとモグワンです!
フードを残したことがなくいつも美味しそうに完食😋💗
見ているこっちが気持ちがいいです🙌🏻✨
口コミ引用元:インスタグラム

モグワンはフレンチブルドッグの愛犬に合ってるみたい

この投稿をInstagramで見る

クリム(@toto.french)がシェアした投稿


ドッグフード変えてみました🍅
うちに来る前からお腹の調子がイマイチだった!🐽
💩固いか柔らかいかで病院で検便してもらっても問題はないと言われ…
ドッグフードを変えてみました✨
そしたらまさかの、ずっと良い💩💕
愛犬に合ってたみたい🥰
口コミ引用元:インスタグラム

フレンチブルドッグの愛犬は心配無用の食べっぷり!


フードを変えることにしました。
人気の「モグワン」をお試し中。
新しいフード、ちゃんと食べるかなーと思ってたけど…
そんな心配はご無用!ってくらいの食べっぷり🍴😋
勢いよすぎて
あちこち飛び散らかってるんですけど🤣
口コミ引用元:インスタグラム

モグワンにしてからふわふわ!

この投稿をInstagramで見る

*SHURI*(@d.shuri_518)がシェアした投稿


生後173日目のフレンチブルドッグです。
2週間前からフードをモグワンに変更中🍚✨
まだロイカナと混ぜながら与えてますが、食い付きも💩も全然問題なく愛犬も好きそう🤤💓
モグワンにしてからは2週間経ってもまだシャンプーした時と変わらないくらい毛がふわふわで柔らか〜い😳🧴
愛犬には良さそうなので、しばらく定期購入で続けてみます🚛
口コミ引用元:インスタグラム

モグワン飽きてきてトッピングで完食


口コミ引用元:ツイッター

モグワンをフレンチブルドッグに与えた口コミまとめ

モグワンとフレンチブルドッグ4

モグワンをフレンチブルドッグに与えた口コミをくまなくチェックして、悪い口コミは「飽きてくる」という情報はあったものの一方で、良い口コミとして「ブリーダーも一押し」「完食してくれる」「子犬からずっと続けている」「毛がふわふわ」など評判が良かったです。

アナタがフレンチブルドッグの飼い主さんなら、すでにモグワンを実践されている口コミを参考にしてドッグフード選びをしてください。

どんなに素晴らしいドッグフードでも愛犬との相性は必ず差がありますので、先ずは1袋からのお試しが確実です。

モグワンドッグフードはフレンチブルドッグに合うのか?

モグワンとフレンチブルドッグ2

大きな耳とつぶれた鼻が愛嬌のあるフレンチ・ブルドッグ。

人懐っこくて甘えん坊なフレンチ・ブルドッグは、愛情深く、飼い主に寄り添い幸せを感じるフレンドリーな性質で、他の人や犬ともすぐに仲良くできる犬種です。

フレンチ・ブルドッグは暑さや寒さに弱い犬種のため、室内でエアコンなどで温度管理を行って飼育してください。被毛は短毛で柔軟な毛質ですが抜け毛が多く、デリケートな皮膚なので気を付けましょう。

運動量は多くなく、最低限の散歩で足ります。ただ、暑い日の散歩は体調を崩してしまう場合があるので、注意が必要です。

また、フレンチ・ブルドッグは食欲旺盛で肥満になりやすい傾向なので、しっかり食事の量を監視して与えないと太ってしまいます。肥満になると呼吸器の疾患などになりやすくなるので管理を徹底しましょう。

フレンチブルドッグの体調管理

モグワンとフレンチおブルドッグ5

膝蓋骨脱臼(パテラ)

フレンチブルドッグで気を付けたい膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)。
後ろ足の関節の皿の骨が内側や外側に脱臼してしまうことがあります。

フローリングで滑ると痛めてしまうので、滑り難い環境を作るなど注意してください。

椎間板ヘルニア・脊椎軟化症

痛みやしびれだけでなく、麻痺や感覚消失に陥ってしまうことがあります。
進行性脊椎軟化症になると障害が起きた部位から炎症が広がり脊髄の軟化がおきて、痛みと呼吸困難を起こして命を落としてしまう恐ろしい病です。

流涙症(涙やけ)

流涙症は涙やけと呼ばれ、涙が必要以上にあふれてしまう病気です。

あふれた涙によって目の周りの被毛が赤茶色に染まってしまうこともあり、感染症や皮膚炎を起こすこともあります。

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

鼻の穴とそれに続く空気の通り道が狭くなっている事を言い、フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど、小型の短頭種で起こりやすい病気。
先天的なものが多く、鼻腔が狭いことでイビキをかいたり、呼吸時に音がしたりして、重い場合は呼吸困難に繋がることもあります。

肥満

フレンチブルドッグで最も気をつけたいことは肥満です。
前記のように関節の問題や、鼻腔の問題など、肥満によって症状が悪化してしまう可能性があるためです。

モグワンドッグフードで健康の維持

モグワンとフレンチブルドッグ7

膝蓋骨脱臼(パテラ)・椎間板ヘルニア

膝蓋骨脱臼(パテラ)・椎間板ヘルニアの原因の1つに犬の肥満によって異常に負荷が掛かり発症へ繋がるケースがあります。

モグワンドッグフードは、「穀物」を一切含まないグレインフリーのドッグフードなので肥満に繋がりにくいのです。

チキン&サーモンで56%が主原料で動物性たんぱく質を含んでいます。

動物性たんぱく質は筋力を付け、サーモンは体型の維持に身体の中から健康的に期待が出来ます。

またグルコサミン・コンドロイチンといった節々をいたわる原材料も含まれます。

流涙症(涙やけ)

モグワンとフレンチブルドッグ6
モグワンは主に涙やけの原因の1つである食事を見直すことが可能です。

涙やけの原因の1つに穀物・粗悪な肉類、危険なBHA・BHTなどの添加物があります。

モグワンは涙やけの原因とされるこれらの原材料は一切含まれておりません。

原材料は新鮮なチキン・サーモン・野菜・果物・海藻などすべてが「ヒューマングレード」だけを厳選して使用しています。

酸化防止剤は危険な人工添加物を排除して、ビタミンやハーブを利用するなど徹底しています。

モグワンはこのことで皮膚・被毛の健康に期待することが期待できます。

口コミでもモグワンで美しく保つという情報も多々見つけられます。

管理人
わたしの愛犬リンも「モグワンドッグフード」でキレイが保てています。

モグワンをフレンチブルドッグに与える量(給餌量)

モグワンとフレンチブルドッグ8

モグワンをフレンチブルドッグに与える量をまとめた給餌量表はこちらです。

子犬と成犬の年齢で給餌量は異なります。子犬は月齢でも異なりますし、体型や運動量で指定された給餌量の範囲で調整するようにしましょう。

フレンチブルドッグ子犬の1日の給餌量
成犬時の
体重
2~3
ヶ月
4~5
ヶ月
6~7
ヶ月
5~10㎏ 140~150g 160~170g 170~180g

フレンチブルドッグ子犬の1日あたりの給餌量
成犬時の
体重
8~9
ヶ月
10~11
ヶ月
12~13
ヶ月
5~10㎏ 160~170g 140~150g 成犬

参考 モグワンを子犬に与える時の詳細はこちら

フレンチブルドッグ成犬の1日あたりの給餌量
体重 1~7歳 7歳~
5~10㎏ 86~145g 82~138g

市販のフレンチブルドッグ専用フードは良いの??

フレンチブルドッグ専用フード

ホームセンターやドラッグストアーのペットフードコーナーへ行くとフレンチブルドッグの犬種専用の市販フードが売られていることがあります。

これは肥満になりやすいフレンチブルドッグだからたんぱく質を少なめにして、フレンチブルドッグ専用などとしているだけで、ほとんどが他の犬種用のフードと同じだったりします。

しかし、本来、フレンチブルドッグに気を付けたい特性、また根本の犬として必要な栄養、小麦など粗悪な人工添加物や原材料を使わないなど基本的な配慮が出来ていないようです。

そのため、誤った知識で購入してしまわないように注意しましょう。

モグワンとフレンチブルドッグの相性まとめ

モグワンとフレンチブルドッグ6

モグワンはフレンチブルドッグの健康維持にとても貢献することが分かりました。

そのためモグワンはフレンチブルドッグと非常に相性の良いおすすめのふっぐフードです。

もし、あなたの愛犬フレンチブルドッグが次のフードを検討しているなら、モグワンドッグフードを最有力候補として考えて間違いないと思います。

管理人
モグワンならフレンチブルドッグに限定しない様々な犬種に対して健康の維持をサポート!指定の量を適正に与えてあげましょう!

トップへ戻る